インタビュー

こんにちは!

久しぶりのリハビリブログの更新でございます。

 

今回は、道東勤医協で働くリハビリ技士へのインタビューコーナーです。

第1弾は、協立病院にて日々邁進中の若手PTへ質問をしました!

進路や就職活動など考え中の方へ、少しでも助けになれれば幸いです。

 

Q1.名前と経験年数、所属を教えてください。

理学療法士2年目のSです。

3階の患者様を担当しています。

 

Q2.好きな食べ物は何ですか?

うどんとみょうがと冷凍みかんです。

あと餃子!!です!

 

Q3.趣味は何ですか?

ドライブと天気図をみることです。

 

Q4.PTを目指した理由を教えてください。

一番の理由は、祖父が左片麻痺で、障害が身近にあったことです。

少し興味を持っているところに、姉が「やってみたらー?」みたいな感じで声かけてきたことに背中を押されて進学しました。

 

Q5.実際に PTになってみて、これまでの期間で感じたことはありますか?

難しい仕事だとつくづく思っています。

でも、それだけ患者様が元気になって退院されたら嬉しいです。

 

Q6. 当法人に就職しようと決めた理由は何ですか?

内部障害のリハビリについて勉強したかったのと、老健なども系列にあることです。

いずれは、老健などで勉強してみたいと思っています。

 

Q7.当法人で働いてみて良かったことは何ですか?

リハビリ目的で転院されてくる患者様が結構いらっしゃって、リハ技士としてはやりがいがあることです。

あとは、行事が多いことです。コロナ禍で集まることができない中、新人の歓迎会をzoomでやってくれたりしました。

 

Q8.正直に、働いていて不満などはありますか?

リハ室は日当たりが良いので、夏場は特に暑いです。

スタッフルーム用に、扇風機をあと2~3個くらい欲しいな、と思ったりしてました。

 

Q9.今後、セラピストを続けるうえで目標はありますか?

信頼されるPTになることです。

患者様が不安を抱いたまま退院することにならないよう、些細なことでも話せるようなPTになりたいと思います。

 

Q10.最後に、今PTを目指している後輩に伝えたいことはありますか?
大変と思う時もありますが、やはりやりがいの持てる仕事です。

人と関わることが好きなら続けられると思います。

一緒に頑張りましょう!

 

以上、今をときめくフレッシュなPTの紹介でした!

 

皆さんもそんなSさんと一緒に働いてみませんか?

コロナ禍ということもあり、ケースバイケースにはなりますが、見学も随時受け付けております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です