薬剤師募集

薬の専門家としてチーム医療の一翼を担い、患者様の生命と生活を守る・・・
そしてチームワークを大切に「みんなで学び」「みんなで成長する」・・・
私たちはそんな薬局を目指しています。

薬局の特徴

薬剤管理指導業務(病棟業務)

薬剤師はいま、薬局の中だけでなく、様々な場所、様々な場面での仕事が求められています。私たちはより患者様の身近で業務にあたることを大切にしています。

  • 4つの病棟を対象として展開中。患者様の状況にあわせて確実、安全に服薬していただくための支援や、コンプライアンスアップのための医師への提案も私たちの大切な仕事です。
  • 個人毎の注射薬セット業務。
  • 専用データベースやネット情報も活用、最新の医薬情報の取り込み、院内への情報発信(DI)。
  • 退院時の薬薬連携(患者様の退院後かかりつけ薬局への情報提供)。

チーム医療

当院は病院全体でチーム医療に力を入れています。薬剤師も薬の専門家として、医師をはじめ、他職種との連携を強化し、力を発揮しています。

  • 病棟カンファレンスへの参加
  • NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染対策チーム)などへの積極的な参加。

がん化学療法支援

がん化学療法はいま、薬剤師の積極的なサポートが強く求められている分野です。私たちも適切な抗がん剤使用や患者様・スタッフの安全管理のため、化学療法の支援を行なっています。

  • 抗がん剤混注調製業務。(抗がん剤被曝を防ぎ、正確に調製するために安全キャビネットを使用)
  • 抗がん剤による化学療法のレジメン鑑査。
  • 抗がん剤を使用している患者様へのサポート。(副作用に向き合う患者様の支援)

地域密着

地域の人々が運営する勤医協友の会とともに、医療懇談会やまちかど健康チェックなど、院外に出て地域の健康づくりや、様々なまちづくりに積極的に参加しています。

薬剤師の1日

始業 8:45 朝会
9:00 カートセット
11:00 化学療法
12:30 昼休み
13:30 病棟にて
15:00 薬剤鑑査等
15:50 打ち合わせ
16:00 配薬、指導など
終業 17:00
18:00~19:00 勉強会

カートセット

yakuzaishi_1患者様にお配りするお薬を個人毎にカートへセットします。服薬の間違いを防止し、安全に薬剤を提供を行なうための大切な仕事です。定期処方の他、お薬に変更が生じるたびに行なわれる業務です

化学療法

yakuzaishi_2がんの化学療法を行なうにあたり、抗がん剤を調製する仕事です。抗がん剤被曝を防ぎ、正確に調製するために安全キャビネットを使用して行ないます。

病棟にて

yakuzaishi_3患者様の状況にあわせた支援や、コンプライアンス向上のための医師への提案を行なうには、様々なことを専門家の視点で調べる必要があります。入院患者様の状態を正確に把握することも病院薬剤師の大切な仕事なのです。

薬剤鑑査等

yakuzaishi_4医師からの処方に基づき、患者様に提供するお薬の調剤が終わったら、必ず別の薬剤師が入念にチェックします。

配薬、指導など

yakuzaishi_5患者様の状態に合わせて、安全にお薬を服用していただくために、薬剤師が患者様にお薬や服薬についてご説明いたします。また、患者様と直接お話することで、お薬に対する疑問や不安を解消するお手伝いをしています。

勉強会

yakuzaishi_6医薬品や治療方法などの医療技術は日々進歩しています。チーム医療の中で薬剤師が専門性を存分に発揮するためには常に新しい情報を収集し、学習し、成長していくことが大切です。外部の学習会などにも積極的に参加し、薬剤師としての知識や技術の向上に努めています。

スタッフインタビュー

畠山 貴士 薬局長

畠山 貴士

「いつでも、どこでも、だれでもが安心してかかれる医療の実現」 を当院の理念にもち、患者さんのために薬剤師として何ができるかをチーム医療の一員として考え実践できる職場です。
患者さんの薬の調剤・鑑査・服薬指導から、病棟カンファレンスや病棟リシャッフル(病棟での業務調整・連絡・相談打ち合わせ)などにも参加することで、対人業務にも力を発揮して、薬剤師としてのスキルやコミュニケ‐ションを日々薬剤師間や多職種とともに高めています。
当院の薬局のイメージを一つの漢字に例えると「結」という漢字を出します。患者さんと多職種の想いを薬で「結」ばせることができる薬剤師ということです。私たちとともに、患者さんの健康と生活を薬で紡げる職場で働きませんか?見学も是非お待ちしています。

宇内 優 薬剤師

宇内 優

小規模な病院であるので薬剤師の人数は少ないですがセントラル業務に加えて病棟業務は早いうちから経験でき、幅広く様々な経験ができる環境であります。また他職種との関わりが密に行えるので、積極的に関わっていくことで最適な薬物療法に繋がると感じております。話しやすい雰囲気があり自分の意見を言いやすい環境であるので、自分らしく働くことができると思います。ホームページの内容だけでは雰囲気等わからないことが多いと思いますので、是非足を運んで見学に来てください。