町内会の健康相談会に参加しました

10月28日(水)、釧路町北見団地町内会・婦人部と友の会釧路町支部の共催で、「脳卒中」をテーマにした医療懇談会が開かれ、釧路協立病院の向坊賢二医師が講師を務めました。

25名の参加者からは「脳卒中の症状や予防について、とてもわかりやすかった」「血圧を高くしないように、食事にも気をつけたい」といった感想が聞かれました。
最後に向坊医師から「定期的に健診をうけることが重要。ぜひ御家族にも今日の話を伝えてほしい」といったお話があり、終了となりました。
釧路はがん死亡率や脳血管疾患早死率が全国平均よりも高い地域です。
また、喫煙率が高く、健診の受検率が非常に低い地域です。今後も、医療懇談会等を通じて地域住民の皆さんの健康づくりに積極的に関わっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です