札医大地域医療実習がスタートしました

釧路協立病院では、札幌医科大学医学部医学科5年生の総合診療科必修臨床実習受け入れを行なっています。

今回来た学生は道南・江差の出身で、一度も訪れたことのない道東地域を今回選んで実習に来てくれました。
2014年7月7日から17日の期間で、科に固執せず幅広く色んな物を見て行きたいと約2週間の実習に訪れ、将来は北海道の地域に貢献したい、求められるところで頑張りたいと医師像を語ってくれています。
7/7(月)実習初日は病院内を見学した後、地域の健康増進をすすめる友の会大楽毛支部「ふまねっと」に参加させていただきました。
学生さんは「ふまねっと」を行ったのは初めてで、「頭も体も刺激され良い運動だった」、「何より参加されてる皆さんの活発な明るさや元気な姿に驚きました」と生き生き話をされていました。ちなみに、学生さんは翌日筋肉痛になっています(笑)

ふまねっと

地域の健康づくり、そしてまちづくりを進めていく友の会活動に、少しではありますがふれさせていただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です