新型コロナワクチン接種が始まりました。

2021年6月7日から当院でも高齢者の新型コロナワクチン接種が始まりました。

私たち協立病院薬局薬剤師集団も接種を補助すべくワクチンの管理と希釈を行い、ワクチン接種の一助を担っています。

新型コロナウイルスワクチンは凍結した状態で病院に納入されるため、そこから患者さんに投与するには一度解凍してから生理食塩水で薄めて調製する(希釈する)必要があります。当院ではワクチンの解凍と希釈を薬剤師が、そこから患者さん一人一人に使えるように1回分をシリンジに取り分ける作業(分注する)を看護師が、それぞれ分担して行うようにしています。

(写真は看護師と一緒に希釈・分注をしているところです)

コロナワクチンの調製

ワクチン接種が迅速に広まり、新型コロナウイルス感染が収束に向かうことを願う毎日です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です