経皮的軟部組織リリース

皆様こんにちは。理学療法士の平間です。

8月29日~9月2日まで出張で滋賀に行かせていただきましたのでそのことについて書きたいと思います。

滋賀県にある滋賀医療技術専門学校で行われたdiacutaneous fibrolysisに参加してきました。日本語にすると「経皮的軟部組織リリース」です。

参加者は28人で半分はOMT(整形徒手理学療法)の資格を持っている方でした。

ガンチョ(スペイン語でフックという意味)と呼ばれる器具を使用し

癒着の治療をしたり、後頭部痛や上顆炎、アキレス腱炎、手根管症候群を治療したりも可能です。

テクニックも何種類かあり、標的の組織によってテクニックを変えて治療します。

5日間の講義で全身の治療を行いました。治療後は前屈しやすくなったり、肩回りが楽になったりといった効果を体験できました。

先日は、リハビリ室内で伝達講習を行いました。

 

 

当院では1年に1回出張で勉強会に参加することができます。今回の出張先は滋賀でしたのでとても助かりました。

皆さんも経皮的軟部組織リリース一緒に勉強しませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です