患者さんの声に耳を傾ける医師になってほしい

慈恵会医科大学4年生2名が3/9~3/10の2日間釧路協立病院で実習を行いました。

1日目の実習の様子をお伝えします。友の会の方との交流や地域視診など、病院見学だけでなく地域を知り、考える実習を行いました。釧路協立病院に実習申込みした理由は、昨年実習に入った慈恵会医科大学の先輩からの紹介でした。「良い病院があるから行っておいで」と先輩に後押しされ、今回の実習を決めたそうです。
実習に入る前は漠然と地域医療のイメージはあったそうですが、時沢先生との懇談で「地域を視るにはその地域住民が何を望んでいるかわからないとできない。だから友の会と一緒に医療をつくるんだ」という言葉を聞き、感銘を受けたと話してくれました。
地域住民(友の会)との懇談や時沢先生との対談、そして今、釧路で行われている医療を経験した1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です