HPVワクチン学習会を開催しました

協立すこやかクリニックでは、今年度よりHPVワクチン外来を再開するにあたって、釧路町桂木で開業されているおひさまクリニック 院長須貝雅彦先生をお招きして学習会を開催しました。
医師4名をはじめ看護師、保健師、薬剤師、検査技師、事務の総勢33名が参加しました。
学習会では、子宮頸がんという病気のこと、HPVワクチンの有効性、日本で接種が停滞している経緯などが、とても分かりやすく説明され、日常的に医療に関わっている職員からも「(ワクチンが)男子にも適応があるなど知らないことばかり」「予防も大切だが検診も大切ということを再認識した」といった感想が寄せられました。
また釧路市医師会、釧路市小児科医会、釧路市産婦人科医会などが、HPVワクチン接種の推奨の立場を表明していること、共同でポスターを作成しての啓蒙活動も釧路地域で開始されることも話されました。

講演後の質疑では、「接種対象者と家族への配慮をどうしたらよいか?」等の医療者としての質問とともに、「娘が2回接種済だが、3回目の接種はどうすればよいか?」といった「親」としての質問も多くかわされ、予定の時間を20分以上オーバーし、大変関心の高いテーマで学習会を開催できたことを実感しました。
大変お忙しい中ご講演と、質疑に丁寧に答えていただいた須貝先生本当にありがとうございました!
【HPVワクチンの接種ご希望、お問い合わせは0154-24-8405 協立すこやかクリニックまで】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です