高校生『医療・介護お仕事フェスタ2020』大盛況

釧路協立病院では、将来医療系に進学を目指している高校生の皆さんにむけた企画を行っています。

今年は、新型コロナウイルスの影響で例年行っていた病院内での医療体験が出来ませんでしたが、密を避けるために病院周辺の複数の会議室を活用し10職種の専門職がブースをつくり仕事の内容の説明会をおこないました。

1部・2部あわせて82名、9校、遠くは中標津・標茶・厚岸からの参加でした。
釧路協立病院副院長 石川 晶医師より、『高校生のみなさんへ伝えたいこと』として講演をおこなったあと興味のある職種のブースに参加してもらいました。

参加された高校生の感想より
  • 実際に病院で働く方からいろんな話を聞くことができてためになった。
  • 医療関係で働きたいと思った。
  • 医師の話から、医療従事者の方々の仕事のやりがいを感じる理由がわかった。
  • 看護師になりたいと強く思った。勉強がんばりたい。
  • 医師の話の中で、実際の患者さんの話を聞いて、ただ治療するだけでなく患者の人生に寄り添った医療という感じがしてとてもよかった。

患者さんとのコミュニケーションや、医療器具に実際に触れてみていただくことは出来ませんでしたが、少しは進路決定のために役に立ったのかな?と思います。

来ていただいた高校生の皆さん ありがとうございました(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です