地域医療実習を行いました

釧路協立病院では、札幌医科大学医学部医学科5年生の総合診療科必修臨床実習受け入れを行なっています。

2013年1月21日から31日の期間で実習を行いました。
今回実習に来た学生は北海道恵庭市出身ですが、将来医師として釧路地域で働きたいと意欲があり、実習で釧路の地域医療を学ぶという目標がありました。初日は釧路を知るために、地域視診を行い、午後は友の会活動に参加しました。
実習は釧路協立病院と桜ヶ岡医院を中心に行いました。すこやかクリニックの外来見学や内科病棟の見学、訪問看護師に同行して患者様の自宅訪問、地域の包括支援センターでも実習を行いました。また桜ヶ岡医院では桜ヶ岡地域で果たす診療所の役割を感じながら、実習を行なうことができました。実習最終日は協立病院医局内で実習の報告をしました。
将来、釧路地域で活躍してくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です