【完全側臥位での食事って!?】

みなさん、こんにちは。

老人保健施設ケアコートひまわり 理学療法士の太田です。

 

3月に入り暖かい日が多くなってきていますが、朝晩はまだ冷えますね。

インフルエンザやノロウイルスなどの感染症には引き続き注意しましょう!!

 

3月16日にケアコートひまわりのデイフロアで完全側臥位法の伝達講習がありました!

業務終了後の講習でしたが看護師やケアワーカー、リハスタッフ、相談員などたくさんの方々が参加されていました。(写真では伝わりにくくてすみません;;)

 

講師として釧路協立病院の磯貝STが健和会病院で学んできた<完全側臥位法>についてスライドやリーフレットを使用しながらわかりやすく説明してくれました。

 

みなさん、≪横向きになって食事をとる≫なんてこと想像できますか??

私には全く想像できず、「誤嚥しないのかな?」「本当に安全なのかな?」などの疑問がありましたが講習を聞いて目からウロコ!!!

 

ギャッジアップよりも誤嚥の危険性が少ないことや重度の嚥下障害がある方にも適応できることなど、今までの常識がひっくり返ることばかりでした。

私たちが普段当たり前にしている食事一つをとってもこんなに奥深いものなのかと再確認させてくれた講習でした。

 

ケアコートひまわりにも寝たきりの利用者さんやギャッジアップで食事をされている利用者さんがいます。

スタッフの体制などまだまだ準備に時間がかかるため今すぐ実践!!とはいきませんが、他職種と一緒になって準備していき取り組んでいけたらなと思いました^^

 

磯貝ST、貴重な講演ありがとうございました!

また、参加された皆様お疲れさまでした!

 

今後もこのような講習会を協立病院のリハスタッフと連携しながら継続して実施していき、互いに教養を深めていけたらなと思います!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です