看護師育成

育成

SONY DSC

釧路協立病院では、地域住民・患者さんとのかかわりを大切に、看護師一人ひとりを大切にした教育をすすめています。

職員一人ひとりが1年間かけて主体的に看護・医療活動に取り組み成長するために、看護理念・職場の目標もふまえて、1年間かけて挑戦したいこと、やり遂げたい課題を自ら設定し、先輩・上司とも共有してすすめることを現任教育の基本として取り組んでいます。
新人教育では新人看護職員研修要項より実地指導者が教育を担当し、職場全体でかかわり、ゆっくりステップアップできるよう丁寧に支援しています。

一人ひとりに合わせた育成を行うため、看護職員継続教育要項よりクリニカルラダーをもとに各職場では育成面談を適宜行い、個人の目標達成にむけたさまざまな教育活動や研修会を行っています。また、チーム全体で育ちあうことを目指し、学習会や職場での研究発表の企画を通年で企画して学びあっています。

2015年度からは学研ナーシングサポートを活用した看護職・医療従事者向け講義ネット配信を用いて個人・卒後教育・産育休中でもスマートフォンやタブレット端末でいつでもどこでも学習できる環境を整えます。

研修目標 

釧路協立病院ではクリニカルラダーを取り入れ卒後から看護実践能力が積み重ねられる研修体制を構築しています。

ラダー研修

kennsyuu1年目

  • 患者・利用者の安全と安楽を考慮して基本的看護ケアが実践できる。
  • 専門職としての自覚をもち、責任をもって仕事に臨むことができる。
  • 道東勤医協の看護理念を主体的に学ぶことができる。

2年目・3年目

  • 患者・利用者への看護が的確、安全にでき、状況に応じた看護を計画的に実施できる。
  • 自己の目標を持ち、メンバーシップ・リーダーシップが発揮できる。
  • 道東勤医協の看護理念や職場の目標を踏まえた看護実践を通して、自分の考えが表現できる。

4年目以降

  • 到達度別の目標・課題が示されています。それを踏まえた自らの目標・課題を持ち、職場の支援や役割発揮、研修の機会を活用しながら達成を目指します。
  • 法人内では、世代別研修会・テーマ別研修会・看護介護研究交流集会を実施しており、院外研修では、看護協会の研修会や学会などへの参加を支援しています。
  • 専門分野の資格取得にチャレンジする看護職も増えています。

委員会活動

医療安全や病院の運営に関わるものなど、様々な委員会活動で他職種と連携しながら業務改善や知識・技術の導入をおこなっています。

佐々木 礼朗 リハビリテーション室 言語聴覚士

sasaki当院のNST委員会は、入院病棟・外来・クリニックの看護師さんに参加していただいています。当委員会のメンバーは、若手が中心ということもあり、まだ経験不足は否めませんが委員長の黒川医師(内科医)を中心に楽しく行なっています。
NST委員会では、毎週月曜日の18時から約1時間、症例検討会・学習会を行なっています。学習会は15分程度ですが、講師を持ち回りで行なっており、委員以外の参加も受け入れています。NST回診も金曜日の午後から行なっています。ぜひ、皆さんもNST委員会へ参加してみませんか?お待ちしています。

道東勤医協釧路協立病院