看護理念について

総看護長の挨拶

総看護長
手塚総看護長

道東勤医協は、1976年に「いつでも、どこでも、だれもが安心できる良い医療と福祉」を願う地域住民の手で設立されました。
以来、地域の人々の願いを何よりも大切に、患者・地域住民とともに「無差別・平等」の医療・介護・保健予防活動を通じて、安心して住み続けられるまちづくりに取り組んでいます。
私たちは看護理念をもとに、信頼される看護専門職業人として、視野の広い医療人として、成長が実感できるクリニカルラダーを取り入れ看護実践能力が積み重ねられる研修体制を構築しています。
日々の看護介護活動の中で心にのこる看護介護実践がたくさん生まれています。それは、私たちにとって大きな宝物であり看護職として働き続けられる原動力ともなっています。
道東勤医協の看護職の働く職場は多種多様で、病院・クリニック・診療所・訪問看護ステーション・老人保健施設・デイサービスセンター・包括支援センターなど、第一線医療から在宅まで、様々な部門で役割を発揮し活躍しています。患者・地域住民との、また職員同士の”あたたかい関係”が、元気の源です。あなたも、その一員として、一緒に働きませんか?

看護理念

私たちは道東勤医協創立以来の歴史を受け継ぎ『いつでも・どこでも・だれもが安心できる
良い医療と福祉』をめざして、看護介護活動を推進してきました。
この間の到達にたって、さらに発展し続ける看護集団をめざします。
1.生命の尊厳と人権を守り、患者・地域とともにあゆむ看護をめざします。
2.一人ひとりの思いに寄り添い”あきらめない看護”を提供します。
3.学びあい・育ちあいを大切に、安全・安心・信頼される看護をめざします。

看護理念に基づく看護現場での実践の紹介

わたしたちは「~したい」という患者さまの思いに寄り添う看護を目指しています。

・・・わたしたちにできることは何だろう・・・

釧路協立病院 4病棟で毎月行っている
レクリエーションを紹介します。

今回は、7月生まれの患者さんのお誕生日会と「流しそうめん」をしました。
普段は「自分で食べられないから食べさせて~(>。<)」と言う患者さんも、この日は自分で箸を持って食べていたり、女性患者さんが我先にと必死になってみたり、なかなか見られない光景に毎回びっくりします4病棟は療養病棟で、ほとんどの方が要介助の高齢の患者さんです。
先月のレクレーションは「運動会」だったのですが、食欲低下でやむを得ず鼻から管を通して栄養を補ってる患者さんが、まわりの患者さんやスタッフの盛り上がりぶりに突然パン食い競争に参加し、あんパンを手でつかんで食べるというエピソードがありました!(^^)!
家族もスタッフもビックリ!  それを見た家族さんやスタッフは感激して涙ウルウル(T-T)でした。
このようなことを通じて患者さんや私たちにも元気や活力を与えてくれます。
やって良かったと、毎月楽しみにしています(^-^)

道東勤医協釧路協立病院