釧路協立病院家庭医養成プログラムの紹介

コースの紹介

yamagaki_photo

当院の家庭医養成プログラムは、日本最東端の日本プライマリ・ケア連合学会認定プログラムです。
本プログラムの中心となる釧路協立病院のある釧路市は地域の中核都市であるにもかかわらず慢性的な医師不足に悩まされ、地域医療は多くの矛盾や困難をかかえています。当然、医療要求は高く、症例は豊富、地域経済は低調で高齢者や貧困等の社会的問題を抱えた患者もたくさんいます。
家庭医を育てるフィールドとしては最高の条件がそろっており、家庭医こそが求められている地域でもあります。
それゆえに釧路協立病院はケアミックスの中規模病院でありながら、外科・整形外科機能をも有しており、病院規模から想像されるよりははるかに高水準の医療機能を維持しております。その一方、当院は北海道民医連の研修病院として、これまでにも多くの後期研修医を受け入れ、内科総合医として育ててきた実績があります。本プログラムの設立にあたり、勤医協中央病院総合診療科とも連携しつつ、最新の教育理論に基づく研修プログラムを提供いたします。

プログラム責任者 山崎雅勇

研修モデル

1年次

モデル:内科12ヶ月内容:1年次は内科を中心に研修することとし、内科外来・入院の継続的診療研修を行う救急外来診療も併せて担当し、外科・整形外科症例は各指導医と共に診療を行い、外科的処置を身につける。

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科

2年次

モデル:内科7ヶ月、小児科3ヶ月、選択2ヶ月
内容:1年次に引き続き内科研修の継続外来及び入院を担当する。後半期において、領域別研修の選択研修若しくは内科研修と、
市立釧路総合病院にて小児科研修を行う。

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科 小児科 小児科 小児科 選択 選択

3年次

モデル:診療所12ヶ月
内容:道東勤医協桜ケ岡医院または、道東勤医協ねむろ医院にて診療所研修を行う

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所 診療所

連携病院

  • 市立釧路総合病院:小児科
  • 釧路赤十字病院:小児科
  • 勤医協中央病院:泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線科
  • 勤医協札幌病院:産婦人科、皮膚科、眼科
  • 勤医協メンタルクリニック東:精神科
  • 道南勤医協函館稜北病院:リハビリ科
  • 十勝勤医協帯広病院:内科
  • 十勝勤医協柳町医院:家庭医療研修
  • オホーツク勤医協北見病院:内科

研修プログラム

研修プログラムはこちらのPDFファイルをご覧ください

北海道総合内科医養成研修センター

釧路協立病院が2010年度より実施している「釧路協立病院家庭医養成プログラム」が、北海道総合内科医養成研修センターの指定を受けました。
研修にあたっては、研修医が幅広く地域医療を担う能力を身につけ、研修後に地域医療の担い手として活躍できるよう努力することになります。

当院以外の指定をうけた医療機関(当院含め16施設)は以下の通りです。

町立松前病院、道南勤医協函館稜北病院道立江差病院江別市立病院、札幌社会保険総合病院、手稲渓仁会病院勤医協札幌病院勤医協中央病院、倶知安厚生病院、砂川市立病院、本輪西ファミリークリニック、富良野協会病院、留萌市立病院、北見赤十字病院帯広厚生病院

道東勤医協釧路協立病院