外科常勤医師募集 

img-dr-geka

当科は釧路、根室地域の患者さんや友の会の皆さんの協力によって1990年5月に開設され、以後19年間にわたり民医連の病院として釧根地域の外科医療の一翼を積極的に担ってきました。 現在、後期研修医1名を含む3名の外科医が常勤しており外来、手術、病棟、検査などに従事しています。 外来は月、水、金、土(第2,4以外)で一日平均35名、入院は平均21名で、月曜日の午後と火曜、木曜の全日が手術日となっています。手術日以外の日は上部、下部内視鏡検査、血管造影、PTBD、胃瘻造設、乳腺、甲状腺のABCなどを担当しています。 2008年1年間の手術件数は238件で、その内30件(14.2%)が臨時手術でした。疾患内容は多彩で主な内訳は胃23件、大腸37件、乳腺7件、肺21件、肝臓26件、膵臓7件、胆道悪性4件、胆道良性41件、ヘルニア16件、甲状腺6件、虫垂炎9件などとなっており、肺、胃、大腸、胆道、虫垂、副腎、腎臓などの疾患には適応があれば積極的に鏡視下手術を行っています。 また学術活動も積極的に行うように心がけており、2008年度は外科地方会2演題、全国学会2演題の学術報告を行い、掲載論文は1編、投稿論文が1編でした。 今後も民医連の外科として地域の医療要求に応えられるよう、また後期研修医を大切に育てながら、患者さんたちと共に医療を創り上げていきたいと思っています。

外科科長 原隆志

道東勤医協釧路協立病院