看護週間のとりくみ

毎年5月12日は「看護の日」。
そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。

日本看護協会メーンテーマは「看護の心をみんなの心に」。気軽に看護にふれていただける楽しい行事が、全国各地で行われています。

釧路協立病院・協立すこやかクリニックでは、今年も看護の日にちなんで健康相談コーナーを設置しました。

気軽に乳がん模型に触れてもらったり、大腸がん無料検診(友の会員無料)のおすすめなどをおこないました。

病棟・透析室では、ナースキャップをつけて業務をして看護の日をアピールしました。

患者さんたちからは「どうしたの?」「なつかしいね」「かっこいいよ」など声をかけられました。

5月11日は入院患者さんのお膳にかわいいナースキャップがのります。

看護の日特集の「花笑葉」かわらばをぜひお読みください。

*「看護の日」制定の趣旨

21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が1990年に制定されました。市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動が、きっかけでした。

*5月12日の由来

近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。1965年から、国際看護師協会(本部:ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めています。

日本看護協会看護の日ホームぺージ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です