きらり看護師集会 

釧路協立病院では、年度末恒例の「きらり看護集会」を開催しました。

8部署からの実践報告は工夫をこらし、笑いあり涙ありの内容でした。

日々業務に追われている現状から一歩踏み出し、日々の実践を振り返ることと、自分たちのきらりをこの発表を通じて看護介護活動の確信につながる機会になりました

今年度の看護部の活動の柱は、『退院支援を外来・病棟共同で取り組もう』なので、患者さんの退院支援の報告が多く成果として現れたな~と実感しています。

アンケートからは、「すてきなきらりがたくさん聞けて明日からまた頑張ろうと思えた。」「他のNS、他部署のきらりを聞くことができて皆それぞれ頑張っているのだと知ることができてよい機会でした。」「またやりたいです」という感想を寄せてくれました。

他職種の方からは、「あらためて職種を超えた連携や訪問などの行動力がすごいと思いました。まさに患者さんを中心にして医療が行われている病院なんだと誇らしく思いました。」「協立病院の看護師のレベルの高さが感じられ良かった。各セクションの自分たちの仕事に自信をもっておりすばらしいことだと思いました。」とお褒めの言葉をいただき嬉しく思います。

平穏で落ち着いた環境の中で仕事をしたくても、看護現場はそうはいきません。

その中で悩みながらも、患者さんにチームで寄り添い、あきらめないで願いにこたえようとしている自分たちの姿にあらためて自信が持てる大切な時間を共有しあいました。

看護長室 K


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です