医療安全の取り組み

医療安全体制と基本的な活動

●医療安全管理部門
病院長・病院管理部のもとに「医療安全管理部門」を設置し、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務員からなる医療安全チーム、医療機器安全管理責任者(臨床工学技士)、医薬品安全管理責任者(薬剤師)が、患者様やご家族の協力のもと、組織横断的なチームで、患者様の安全を確保するために日々活動を行っています。

●医療安全部門の主な活動
◯ インシデント報告や事故報告の集約・分析、対策の確認や立案、警鐘事例の周知など
◯ 研修会の企画・開催、ニュース発行などの啓発活動
◯ 医療の安全性に関わるマニュアルの整備、見直し
◯ 院内のラウンド点検

●リスクマネージャー
◯ 院内の各部署にはリスクマネージャーを配置し、定期的に会議を行い、基準の周知や遵守状況の確認、部署内で検討・実施した改善策の共有、相談などを行っています。

医療安全の取り組みの例
●患者誤認防止
当院では、患者様に接する行為のたびにご本人確認を行っています。ご本人確認の際には生年月日をお聞きし、返答が可能な患者様には返答をいただく形で、ご協力をいただいています。
入院患者様にはリストバンドを装着していただき、検査や処置の際などのご本人確認に使用しています。リストバンドには患者様の名前・患者番号・性別・生年月日・バーコードが記載されています。手術や注射、輸血などの際には、リストバンドのバーコードと電子カルテ端末による患者認証も併せて行っています。

●転倒転落防止
入院時に転倒転落危険度スコアを採点し、患者様一人一人の危険度を把握し対策を立てています。また、入院中は1週間に1回再評価を行い、転倒・転落のリスクが高い場合等にはリハビリ技士による評価も行い、対策を実施しています。
スリッパやサンダル履きによる転倒を防ぐため、入院される際には歩きやすいかかとのある履物をご用意ください。

●注射、内服事故の防止
注射や薬内服の与薬については、手順を遵守した行動をとるようにしています。その際には、6Rの確認を実施しています。患者様ご自身も間違いがないか確認にご協力をお願いいたします。
6Rとは 1.Right Patient・・・・正しい患者 2.Right Purpose・・・・正しい目的
3.Right Route・・・・・・正しい方法 4.Right Time・・・・・・・正しい時間
5.Right Drug・・・・・・・正しい薬 6.Right Dose・・・・・・・正しい量

当院における感染対策の取り組み

■感染対策と基本的な活動

● 院内感染対策部門
◯ 病院長・病院管理部のもとに「院内感染対策部門」を設置し、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務員からなるICT(感染対策チーム)が、院内感染のリスクを減らすために、日々活動を行っています。
・ 院内感染対策部門の主な活動
◯ サーベイランス~全国・地域の感染症状況の把握、院内の感染症発生状況の把握(細菌検査分離状況、抗菌薬使用状況、手術部位感染状況、カテーテル関連感染状況)
◯ 研修会の企画・開催、ニュース発行などの啓発活動
◯ 院内感染対策に関わるマニュアルの整備、見直し
◯ 週一回の院内ラウンド点検

●ICTリンクスタッフ
院内の各部署にはICTリンクスタッフを配置し、定期的に会議を行い、基準の周知や遵守状況の確認、感染対策に関わる相談、検討、学習などを行っています。

道東勤医協釧路協立病院