緩和ケアと在宅医療~市民公開講座で講演~

釧路ろうさい病院緩和ケア市民公開講座が行われ、当院内科科長石川晶医師が在宅医療について講演しました。

市民公開講座では釧路労災病院副院長小笠原和宏先生が、~緩和ケアとは「つらさ」とどう向き合うか~をテーマに講演されました。講演の後半には病院における緩和ケアの限界にも触れられ、病院という日常生活から切り離された特殊な生活環境、病院側が運営効率も追求せざるを得ないことなどが挙げられだからこそ在宅緩和ケアが必要とされていると話されていました。

その後石川晶医師が~くらしを支える力になりたい「釧路協立病院での在宅医療の実際」~をテーマに緩和医療の要素を取り入れながらお話しました。私たちが行っている在宅医療の中での在宅緩和ケアは、患者さんとご家族が在宅で最期まで不安なく生活できるよう医療・介護・福祉スタッフが連携しサポートすることです。

講演では在宅医療クイズも講演に取り入れ参加されている皆さんと共に講演を進められ、地域の皆さんに在宅医療を又一つ浸透させる機会となりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です