「白糠ICロードレースに参加してきました」

みなさんこんにちは!薬剤師の畠山です。

2015年3月29日(日)に行われた白糠IC開通ロードレースに参加してきました。
高速道路を走るマラソンで、北海道で最初のマラソン大会でした。当日は天気も良く、参加者も男女合わせて約1000名と多くの参加者がおり、今回私の他にも協立病院から強靭な体と精神を持つ3人のDrと走る調理師さんと定年後もマラソンが命の薬YAKUランナーズ(これはマラソンチーム名です!!)監督夫妻が参加しました。
12時20分に開通セレモニーとスタートが切られ、大曲トンネル付近から白音トンネル付近を折り返しての計10㎞の距離を走りました。スタートして選手が高速道路の右側車線を走り、左側車線を広告の垂れ幕をつけたトラックやバスや消防車などが通って行くような雰囲気の中走ってきました。
出来たての高速道路を走る事はめったにないと思いますし、トンネルを走るとヒンヤリと冷たい風が通っていて、なかなかランナーとしては体験し難かった経験だと思いました。
監督夫妻は楽しく笑顔でゴールし、調理師Sさんはラストスパートで光る走りを見せ、尊敬するK医師は50歳台とは思えない走りで完走し、熱血漢のM医師は北海道新聞の写真にその熱い走りが映っており、鉄人N医師は年代でなんと6位入賞!!と素晴らしい記録が残りました(入賞の記念クリスタルを後で見せてくれました。スゲー!!!)私は冬に蓄えたお腹まわりのせいで、走りが重かったので次回への課題が残りましたが、なにはともあれ参加した職員はみんな怪我なく完走できたのがとても良かったです。(他にも見知った方々が参加しておりました。)
白糠ICロードレース.jpg
白糠ICが開通したことにより、札幌⇔釧路への車移動時間が少なくなりました。当院ではスポーツ交流や釧路LIVEも含め、職員同士で盛り上がるような場がいくつもあります。マラソンチームもその1つですが、道東勤医協で働いたら楽しいと思えるような環境をみんなで作っております。
是非この機会に道東の地へ足を延ばしてみませんか?
私達と共に仕事やスポーツなどを楽しめる医師・看護師・医療技術職を募集しております。
もちろん、薬剤師は大歓迎ですのでお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です